総合格闘技 吉田秀彦VS菊田早苗



吉田秀彦VS菊田早苗戦は2009年1月4日に行われた戦極の乱2009の名場面試合です。

総合格闘技 エメリヤーエンコ・ヒョードルVSブレット・ロジャース





エメリヤーエンコ・ヒョードルVSブレット・ロジャース戦は2009年11月7日に行われたStrikeforceの名場面試合です。

エメリヤーエンコ・ヒョードルはStrikeforce初参戦の試合でした。

総合格闘技 エメリヤーエンコ・ヒョードルVSマット・リンドラン



エメリヤーエンコ・ヒョードルVSマット・リンドランド戦は2007年4月14日に行われたBodogFight: Clash of the Nationsの名場面試合です。

エメリヤーエンコ・ヒョードルは地元ロシアでの試合でした。

総合格闘技 エメリヤーエンコ・ヒョードルVSアントニオ・シウバ



エメリヤーエンコ・ヒョードルVSアントニオ・シウバ戦は2011年2月12日に行われたStrikeforce World Grand Prix1回戦の名場面試合です。

エメリヤーエンコ・ヒョードルは前回のファブリシオ・ヴェウドゥム戦に続き2連敗してしまいました。

総合格闘技 エメリヤーエンコ・ヒョードルVSファブリシオ・ヴェウドゥム



エメリヤーエンコ・ヒョードルVSファブリシオ・ヴェウドゥム戦は2010年6月26日に行われたStrikeforce: Fedor vs. Werdumの名場面試合です。

エメリヤーエンコ・ヒョードルの初の敗戦となった試合でした。

総合格闘技 エメリヤーエンコ・ヒョードルVSティム・シルビア



エメリヤーエンコ・ヒョードルVSティム・シルビア戦は2008年7月19日に行われたAffliction: Banned WAMMA世界ヘビー級王座決定戦の名場面試合です。

エメリヤーエンコ・ヒョードルは新設されたWorld Alliance of Mixed Martial Artsの初代世界ヘビー級王者となった試合でした。

総合格闘技 エメリヤーエンコ・ヒョードルVSチェ・ホンマン

総合格闘技 エメリヤーエンコ・ヒョードルVSチェ・ホンマン



エメリヤーエンコ・ヒョードルVSクリストファー・ヘイズマン戦は2007年12月31日に行われたやれんのか! 大晦日! 2007の名場面試合です。

エメリヤーエンコ・ヒョードルの腕ひしぎ十字固めがチェ・ホンマンに一瞬の隙に決まりました。

総合格闘技 エメリヤーエンコ・ヒョードルVS永田裕志



エメリヤーエンコ・ヒョードルVS永田裕志戦は2003年12月31日に行われたINOKI BOM-BA-YE 2003の名場面試合です。

エメリヤーエンコ・ヒョードルの打撃が強烈でした。

総合格闘技 桜庭和志VS秋山成勲



桜庭和志VS秋山成勲戦は2006年12月31日に行われたK-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!の名場面試合です。

後に秋山成勲が全身に滑るようにスキンクリームを塗っていたということが判明して、反則行為によりノーコンテストとなった試合でした。

総合格闘技 山本 KID 徳郁VSイストバン・マヨロシュ



山本 KID 徳郁VSイストバン・マヨロシュ戦は2006年12月31日に行われたK-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!の名場面試合です。

アテネオリンピックレスリング金メダリスト、イストバン・マヨロシュの総合格闘技ルールでの参戦です。

総合格闘技 山本 KID 徳郁VS勝田哲夫



山本 KID 徳郁VS勝田哲夫戦は2002年9月16日に行われた修斗の名場面試合です。

レフェリーストップを振り切り山本 KID 徳郁が勝田哲夫を殴り続けたため120日間のライセンス停止処分を受けてしまいました。

総合格闘技 船木誠勝VSヒクソン・グレイシー



船木誠勝VSヒクソン・グレイシー戦は2000年5月26日に行われたコロシアム2000メインイベントの名場面試合です。

この試合終了後船木誠勝は引退表明をしました。

INOKI BOM-BA-YE 2001 高田延彦VSマイク・ベルナルド



高田延彦VSマイク・ベルナルド戦は2001年12月31日に行われたINOKI BOM-BA-YE 2001の名場面試合です。

プロレス対ボクシングの対戦です。消極的な内容の試合でした。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。