ボクシングカテゴリの記事一覧

ボクシング マイク・タイソンVSフランソワ・ボタ



マイク・タイソンVSフランソワ・ボタ戦は1999年1月16日に行われた名場面試合です。

フランソワ・ボタはマイク・タイソンにKO負けをして、右の一発で首の骨がズレてしまう程の重傷を負い担架で運ばれてしまいました。

ボクシング マイク・タイソンVSジェームス・ダグラス



マイク・タイソンVSジェームス・ダグラス戦は1990年2月11日に行われたWBC・WBA・IBF世界ヘビー級タイトルマッチの名場面試合です。

ジェームス・ダグラスはマイク・タイソンにKO勝利して王座を奪取しました。

ボクシング マイク・タイソンVSイベンダー・ホリフィールド



マイク・タイソンVSイベンダー・ホリフィールド戦は1997年6月28日に行われたWBA世界ヘビー級タイトルマッチの名場面試合です。

マイク・タイソンが2回ホリフィールドの耳を噛み3R終了時に失格負けとなってしまいました。マイク・タイソンはその後一年間のボクシングライセンス停止処分を受けました。

ボクシング マイク・タイソンVSトニー・タッブス



マイク・タイソンVSトニー・タッブス戦は1988年3月21日に行われた東京ドームでのWBA・WBC・IBF統一世界ヘビー級タイトルの名場面試合です。

ボクシング 井岡一翔VSオーレイドン・シスサマーチャイ



井岡一翔VSオーレイドン・シスサマーチャイ戦は2011年2月11日に行われたWBC世界ミニマム級タイトルマッチの名場面試合です。

井岡一翔はオーレイドン・シスサマーチャイに勝利して、WBC世界ミニマム級王者獲得に成功しました。日本史上最短プロ7戦目での最速記録です。

ボクシング 内山高志VSホルヘ・ソリス



内山高志VSホルヘ・ソリス戦は2011年12月31日に行われたWBA防衛4の名場面試合です。

内山高志はWBA世界スーパーフェザー級王座防衛4回目の試合で見事にKO勝利しました。奪取戦を含めた世界戦5連続KO勝利は、日本人選手では初記録となりました。通称ノックアウト・ダイナマイトと言われるだけあって物凄いパンチ力です。今後の活躍も期待したい選手です。

ボクシング 内山高志VSロイ・ムクリス



内山高志VSロイ・ムクリス戦は2010年9月20日に行われたWBA防衛2の名場面試合です。

内山高志はWBA世界スーパーフェザー級王座防衛2回目の試合で見事にKO勝利しました。世界王座獲得より3戦連続でのKO勝利は、日本の世界王者としては初めて快挙です。なおロイ・ムクリスはダウン後立ち上がられず病院へ運ばれ左ほお骨骨折で入院してしまいました。

ボクシング 内山高志VSファン・カルロス・サルガド



内山高志VSファン・カルロス・サルガド戦は2010年1月11日に行われたWBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチの名場面試合です。

ファン・カルロス・サルガドのWBA世界スーパーフェザー級初防衛戦でしたが、内山高志がTKO勝利して王者となった試合です。

ボクシング 西岡利晃VSジョニー・ゴンザレス



西岡利晃VSジョニー・ゴンザレス戦は2009年5月23日に行われたWBC世界スーパーバンタム級王座防衛(2)の名場面試合です。

西岡利晃の一発の左ストレートがジョニー・ゴンザレスに決まり見事で衝撃的なKO勝ちでした。

ボクシング 西岡利晃VSレンドール・ムンロー



西岡利晃VSレンドール・ムンロー戦は2010年10月24日に行われたWBC世界スーパーバンタム級王座防衛(5)の名場面試合です。

西岡利晃は世界王座5度目の防衛戦を見事に勝利しました。レンドール・ムンローは5年ぶりの敗戦となっています。

ボクシング 西岡利晃VSヘナロ・ガルシア



西岡利晃VSヘナロ・ガルシア戦は2009年1月3日に行われたWBC世界スーパーバンタム級王座防衛(初)名場面試合です。

西岡利晃のWBC世界スーパーバンタム級王座初防衛の試合で、日本人で初めてこの階級での王座防衛に成功した試合でした。

ボクシング 西岡利晃VSヘスス・ガルシア



西岡利晃VSヘスス・ガルシア戦は2008年4月19日に行われた名場面試合です。

西岡利晃は世界タイトル前哨戦の試合で、この試合で8連勝を果たしました。

ボクシング 内藤大助VS小嶋武幸



内藤大助VS小嶋武幸戦は2004年10月11日に行われた日本防衛1の名場面試合です。

内藤大助の日本フライ級タイトルマッチの初防衛戦で、日本タイトルマッチにおいて1R24秒という史上最短記録となるKO勝ちをしています。

ボクシング 内藤大助VS清水智信



内藤大助VS清水智信戦は2008年7月30日に行われたWBC防衛3の名場面試合です。

内藤大助のWBC世界フライ級タイトル王座3度目の防衛戦で、清水智信に9Rまでポイントでリードをされていましたが10Rに逆転KO勝ちを果たした試合でした。

ボクシング 内藤大助VS亀田大毅




内藤大助VS亀田大毅戦は2007年10月11日に行われたWBC防衛1の名場面試合です。

内藤大助のWBC世界フライ級王座の初防衛戦です。亀田大毅はこの試合での反則行為を繰り返し行い、1年間ボクサーライセンスの停止処分を受けてしまいました。

ボクシング 亀田興毅VSレクソン・フローレス



亀田興毅VSレクソン・フローレス戦は2008年3月22日に行われた名場面試合です。

ボクシング 亀田興毅VSワンミーチョーク・シンワンチャー



亀田興毅VSワンミーチョーク・シンワンチャー戦は2005年8月21日に行われたOPBF東洋太平洋フライ級タイトルマッチの名場面試合です。

亀田興毅のタイトル初挑戦です。

ボクシング 亀田興毅VSカルロス・ボウチャン



亀田興毅VSカルロス・ボウチャン戦は2006年3月8日に行われた名場面試合です。

亀田興毅の世界前哨戦でした。

ボクシング 亀田興毅VSプラカルン・ツインズジム



亀田興毅VSプラカルン・ツインズジム戦は2004年3月13日に行われたプロデビュー2戦の名場面試合です。

亀田興毅のプロデビュー2戦目の試合で、この試合も初戦に続き1R1:12と早い決着でした。

ボクシング 亀田興毅VSデンナロン・シスソバ



亀田興毅VSデンナロン・シスソバ戦は2003年12月21日に行われたプロデビュー戦の名場面試合です。

亀田興毅のプロデビュー戦で、1R0:44というスピード決着でした。

ボクシング 長谷川穂積VSアレハンドロ・バルデス



長谷川穂積VSアレハンドロ・バルデス戦は2008年10月16日に行われたWBC防衛7の名場面試合です。

長谷川穂積の世界バンタム級王座7度目の防衛戦で、当時経験の少ない苦手なサウスポーとの対戦でしたが2RというスピードKO勝ちを収めました。

ボクシング 長谷川穂積VSアルバロ・ペレス



長谷川穂積VSアルバロ・ペレス戦は2009年12月18日に行われたWBC防衛10の名場面試合です。

この試合で長谷川穂積は、日本人において具志堅用高以来2人目の世界王座連続10度防衛を記録しました。

ボクシング 長谷川穂積VSウィラポン・ナコンルアンプロモーション



長谷川穂積VSウィラポン・ナコンルアンプロモーション戦は2006年3月25日に行われたWBC防衛2の名場面試合です。

この試合は再戦で、前回敗北したウィラポン・ナコンルアンプロモーションはリベンジ果たせず長谷川穂積に返り討ちにされました。年間最高試合にも選出された試合です。

ボクシング 長谷川穂積VSクリスチャン・ファッシオ



長谷川穂積VSクリスチャン・ファッシオ戦は2008年6月12日に行われたWBC防衛6の名場面試合です。

WBCバンタム級タイトルマッチで、長谷川穂積が6度目の王座防衛に成功して日本人ボクサー初の防衛記録回数を更新する試合でした。

ボクシング 長谷川穂積VSフェルナンド・モンティエル



長谷川穂積VSフェルナンド・モンティエル戦は2010年4月30日に行われたWBO世界王者との事実上の統一戦の名場面試合です。

長谷川穂積は11度目の防衛戦でしたが、この試合で5年間保持続けてきた世界王座を失ってしまいました。

ボクシング 畑山隆則VS坂本博之



畑山隆則VS坂本博之戦は2000年10月11日に行われたWBA防衛1の名場面試合です。

畑山隆則はWBA世界ライト級王者初防衛戦でした。

ボクシング 畑山隆則VSコウジ有沢







畑山隆則VSコウジ有沢戦は1998年3月29日に行われた日本ジュニアライト級タイトルマッチの名場面試合です。

日本タイトル戦では異例の全国生中継でテレビ放送され、「史上最大の日本タイトルマッチ」と言われ年間最高試合にも選出された名勝負です。

ボクシング 竹原慎二VS朴永基



竹原慎二VS朴永基戦は1995年4月17日に行われたOPBF防衛5の名場面試合です。

竹原慎二のOPBF東洋太平洋ミドル級防衛5度目の試合です。

ボクシング 辰吉丈一郎VS崔相勉



辰吉丈一郎VS崔相勉戦は1989年9月29日に行われた6回戦の名場面試合です。

辰吉丈一郎のプロデビュー戦です。

ボクシング 辰吉丈一郎VSチャーチュード・エウアンサンパン



辰吉丈一郎VSチャーチュード・エウアンサンパン戦は1990年2月11日に行われたバンタム級10回戦の名場面試合です。

辰吉丈一郎のプロデビュー2戦目の試合で、チャーチュード・エウアンサンパンに強烈なボディーブローがヒットしました。

ボクシング 辰吉丈一郎VSシリモンコン・シンワンチャー



辰吉丈一郎VSシリモンコン・シンワンチャー戦は1997年11月22日に行われたWBC世界バンタム級タイトルマッチの名場面試合です。

辰吉丈一郎は以前のバンタム級に戻しての世界王座挑戦でした。シリモンコン・シンワンチャーはプロ初黒星と同時に世界バンタム級王座を失ってしまいました。

ボクシング 具志堅用高VSペドロ・フローレス



具志堅用高VSペドロ・フローレス戦は1980年10月12日に行われた具志堅用高WBA防衛の名場面試合です。

通称カンムリワシこと具志堅用高はこの試合で、世界王座防衛13度目の防衛を成し遂げました。日本人においての最多記録であり現在も破られていません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。