リングス エメリヤーエンコ・ヒョードルVS高田浩也



エメリヤーエンコ・ヒョードルVS高田浩也戦は2000年9月5日に行われたリングス BATTLE GENESIS Vol.6の名場面試合です。

開始より12秒のまさに秒殺でした。

リングス エメリヤーエンコ・ヒョードルVSヒカルド・アローナ



エメリヤーエンコ・ヒョードルVSヒカルド・アローナ戦は2000年12月22日に行われたKING OF KINGS 2000トーナメントBブロック1回戦の名場面試合です。

試合が長引き+延長1Rまで突入しました。

リングス エメリヤーエンコ・ヒョードルVSレナート・ババル



エメリヤーエンコ・ヒョードルVSレナート・ババル戦は2001年8月11日に行われたリングス WORLD TITLE SERIES 旗揚げ10周年記念特別興行 準決勝の名場面試合です。

エメリヤーエンコ・ヒョードルは優勝候補のレナート・ババルに勝利しました。レナート・ババルはこの試合を最後にリングスを辞退しました。

リングス エメリヤーエンコ・ヒョードルVSレヴォン・ラグヴィラーヴァ



エメリヤーエンコ・ヒョードルVSレヴォン・ラグヴィラーヴァ戦は2000年8月16日に行われたリングス・ロシア: Russia vs. Georgiaの名場面試合です。

エメリヤーエンコ・ヒョードルのリングス・ロシア2戦目の試合です。

リングス エメリヤーエンコ・ヒョードルVSケリー・ショール



エメリヤーエンコ・ヒョードルVSケリー・ショール戦は2001年4月20日に行われたリングス WORLD TITLE SERIES 1ワールドタイトル決定トーナメント ヘビー級1回戦の名場面試合です。

リングス エメリヤーエンコ・ヒョードルVSリー・ハスデル



エメリヤーエンコ・ヒョードルVS柳澤龍志戦は2001年12月21日に行われたリングス WORLD TITLE SERIES 無差別級王座決定トーナメント 準決勝の名場面試合です。

エメリヤーエンコ・ヒョードルは圧倒的なパワーで勝利して決勝戦に進みました。

リングス エメリヤーエンコ・ヒョードルVS柳澤龍志







エメリヤーエンコ・ヒョードルVS柳澤龍志戦は2001年10月20日に行われたリングス WORLD TITLE SERIES 無差別級王座決定トーナメント 1回戦の名場面試合です。

5分3Rフルに戦って判定の試合でした。

リングス エメリヤーエンコ・ヒョードルVSクリストファー・ヘイズマン



エメリヤーエンコ・ヒョードルVSクリストファー・ヘイズマン戦は2002年2月15日に行われたリングス WORLD TITLE SERIES GRAND FINALの名場面試合です。

この試合でエメリヤーエンコ・ヒョードルはリングスにおいて2冠を制しました。

リングス エメリヤーエンコ・ヒョードルVS高阪剛



エメリヤーエンコ・ヒョードルVS高阪剛戦は2000年12月22日に行われたKING OF KINGS 2000トーナメント Bブロック2回戦の名場面試合です。

開始早々エメリヤーエンコ・ヒョードルは目尻を深くカットしてしまいました。

リングス ヴォルク ハン VS ウィリー ウィリアムス



リングス ヴォルク ハン VS ウィリー ウィリアムス戦は1993年5月29日の試合で、かつて熊殺しの異名をとった極真空手の猛者ウィリー ウィリアムスがヴォルク ハンからダウンを奪う猛攻。一撃必殺恐るべし。

リングス 前田 日明 vs ヴォルク ハン



前田 日明 vs ヴォルク ハンこのリングス戦は1995年1月25日の試合で、ヴォルク ハンの強さとテクニックを見せ付ける内容でした。

リングス ディック・フライvs田村潔司



ディック・フライvs田村潔司戦は1996年6.29田村潔司のリングスデビュー試合で、オランダの総合格闘家で筋肉質の肉体から通称サイボーグといわれているディック・フライを見事に打ち負かし勝利しました。

リングス 佐竹雅昭vs長井満也 



佐竹雅昭vs長井満也は、1992年10.29開催のリングス旗揚げ第1回のトーナメントno.1を決定する1回戦の記念するべき試合で、正道会館の看板を背負って参加した佐竹雅昭が見事に勝利する試合でした。KOシーンは見えづらいですが、佐竹雅昭の掌底がヒットしました。

リングス 田村潔司vs前田日明



赤いパンツが印象的な田村 潔司は1988年に第2次UWFの入団テストを受け合格入団して翌年の1989年にデビューを果たしています。その後UWFインターナショナルに移り1996年にリングスに移籍入団しました。そして最終的には2000年に総合格闘技ジム・U-FILE CAMPを設立して田村 潔司自ら代表をつとめています。

このリングス 田村潔司vs前田日明戦は1997年12月23日の1997年3月28日に続き2度目の試合ですが、前回はチョークスリーパーにて敗れていますがこの試合準決勝では見事に勝利しています。正当で堅実的な試合ではないでしょうか。

リングス 前田 日明 vs ヴォルク ハン




ヴォルク・ハンは通称ロシアの狼や魔術師といわれた強者です。コマンドサンボからボクシング、ムエタイ、レスリング、柔道を取り入れ発展したスタイルの総合格闘術を身に付けています。リングスでは前田日明にスカウトされスピードとテクニックでかなりの好成績を残して大活躍しました。

Youtubeは1995年1.25日本武道館での前田 日明 vs ヴォルク ハンのリングス試合です。前田 日明はかなり膝を痛めている状態での出場でそこをヴォルク ハンが容赦なく攻めていますが、試合に挑んだ以上は仕方のないことだと思います。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。