K-1 レイ・セフォーVSマーク・ハント





レイ・セフォーVSマーク・ハント戦は2001年10月8日に行われたK-1 WORLD GP 2001 in FUKUOKA敗者復活トーナメント1回戦の名場面試合です。

壮絶な打ち合い模様の試合となりました。サモアの怪人と言われているマーク・ハントの打たれ強さは恐るべきものがあります。レイ・セフォーは負傷してしまい決勝を棄権することになってしまいました。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。