プロレス 小川直也vsブライアン・ジョンストン ブライアン・ジョンストン失神 小川直也必殺技STOの威力



この小川直也vsブライアン・ジョンストン戦は1997年9月23日の試合です。

STO(スペース・トルネード・オガワ)と呼ばれる小川直也の柔道の大外刈りをアレンジしたオリジナルの得意技で、相手の首に腕を回した状態で、足を思いきり刈り上げて受身の出来ない状態から後頭部から落とす危険な必殺技です。

この試合でブライアン・ジョンストンはもろにSTOを受けて失神してしまいしました。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。