ボクシング 長谷川穂積VSウィラポン・ナコンルアンプロモーション



長谷川穂積VSウィラポン・ナコンルアンプロモーション戦は2006年3月25日に行われたWBC防衛2の名場面試合です。

この試合は再戦で、前回敗北したウィラポン・ナコンルアンプロモーションはリベンジ果たせず長谷川穂積に返り討ちにされました。年間最高試合にも選出された試合です。


ボクシング 長谷川穂積VSクリスチャン・ファッシオ



長谷川穂積VSクリスチャン・ファッシオ戦は2008年6月12日に行われたWBC防衛6の名場面試合です。

WBCバンタム級タイトルマッチで、長谷川穂積が6度目の王座防衛に成功して日本人ボクサー初の防衛記録回数を更新する試合でした。

ボクシング 長谷川穂積VSフェルナンド・モンティエル



長谷川穂積VSフェルナンド・モンティエル戦は2010年4月30日に行われたWBO世界王者との事実上の統一戦の名場面試合です。

長谷川穂積は11度目の防衛戦でしたが、この試合で5年間保持続けてきた世界王座を失ってしまいました。

ボクシング 畑山隆則VS坂本博之



畑山隆則VS坂本博之戦は2000年10月11日に行われたWBA防衛1の名場面試合です。

畑山隆則はWBA世界ライト級王者初防衛戦でした。

ボクシング 畑山隆則VSコウジ有沢







畑山隆則VSコウジ有沢戦は1998年3月29日に行われた日本ジュニアライト級タイトルマッチの名場面試合です。

日本タイトル戦では異例の全国生中継でテレビ放送され、「史上最大の日本タイトルマッチ」と言われ年間最高試合にも選出された名勝負です。

ボクシング 竹原慎二VS朴永基



竹原慎二VS朴永基戦は1995年4月17日に行われたOPBF防衛5の名場面試合です。

竹原慎二のOPBF東洋太平洋ミドル級防衛5度目の試合です。

ボクシング 辰吉丈一郎VS崔相勉



辰吉丈一郎VS崔相勉戦は1989年9月29日に行われた6回戦の名場面試合です。

辰吉丈一郎のプロデビュー戦です。

ボクシング 辰吉丈一郎VSチャーチュード・エウアンサンパン



辰吉丈一郎VSチャーチュード・エウアンサンパン戦は1990年2月11日に行われたバンタム級10回戦の名場面試合です。

辰吉丈一郎のプロデビュー2戦目の試合で、チャーチュード・エウアンサンパンに強烈なボディーブローがヒットしました。

ボクシング 辰吉丈一郎VSシリモンコン・シンワンチャー



辰吉丈一郎VSシリモンコン・シンワンチャー戦は1997年11月22日に行われたWBC世界バンタム級タイトルマッチの名場面試合です。

辰吉丈一郎は以前のバンタム級に戻しての世界王座挑戦でした。シリモンコン・シンワンチャーはプロ初黒星と同時に世界バンタム級王座を失ってしまいました。

ボクシング 具志堅用高VSペドロ・フローレス



具志堅用高VSペドロ・フローレス戦は1980年10月12日に行われた具志堅用高WBA防衛の名場面試合です。

通称カンムリワシこと具志堅用高はこの試合で、世界王座防衛13度目の防衛を成し遂げました。日本人においての最多記録であり現在も破られていません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。