ボクシング 内藤大助VS小嶋武幸



内藤大助VS小嶋武幸戦は2004年10月11日に行われた日本防衛1の名場面試合です。

内藤大助の日本フライ級タイトルマッチの初防衛戦で、日本タイトルマッチにおいて1R24秒という史上最短記録となるKO勝ちをしています。


ボクシング 内藤大助VS清水智信



内藤大助VS清水智信戦は2008年7月30日に行われたWBC防衛3の名場面試合です。

内藤大助のWBC世界フライ級タイトル王座3度目の防衛戦で、清水智信に9Rまでポイントでリードをされていましたが10Rに逆転KO勝ちを果たした試合でした。

ボクシング 内藤大助VS亀田大毅




内藤大助VS亀田大毅戦は2007年10月11日に行われたWBC防衛1の名場面試合です。

内藤大助のWBC世界フライ級王座の初防衛戦です。亀田大毅はこの試合での反則行為を繰り返し行い、1年間ボクサーライセンスの停止処分を受けてしまいました。

ボクシング 亀田興毅VSレクソン・フローレス



亀田興毅VSレクソン・フローレス戦は2008年3月22日に行われた名場面試合です。

ボクシング 亀田興毅VSワンミーチョーク・シンワンチャー



亀田興毅VSワンミーチョーク・シンワンチャー戦は2005年8月21日に行われたOPBF東洋太平洋フライ級タイトルマッチの名場面試合です。

亀田興毅のタイトル初挑戦です。

ボクシング 亀田興毅VSカルロス・ボウチャン



亀田興毅VSカルロス・ボウチャン戦は2006年3月8日に行われた名場面試合です。

亀田興毅の世界前哨戦でした。

ボクシング 亀田興毅VSプラカルン・ツインズジム



亀田興毅VSプラカルン・ツインズジム戦は2004年3月13日に行われたプロデビュー2戦の名場面試合です。

亀田興毅のプロデビュー2戦目の試合で、この試合も初戦に続き1R1:12と早い決着でした。

ボクシング 亀田興毅VSデンナロン・シスソバ



亀田興毅VSデンナロン・シスソバ戦は2003年12月21日に行われたプロデビュー戦の名場面試合です。

亀田興毅のプロデビュー戦で、1R0:44というスピード決着でした。

ボクシング 長谷川穂積VSアレハンドロ・バルデス



長谷川穂積VSアレハンドロ・バルデス戦は2008年10月16日に行われたWBC防衛7の名場面試合です。

長谷川穂積の世界バンタム級王座7度目の防衛戦で、当時経験の少ない苦手なサウスポーとの対戦でしたが2RというスピードKO勝ちを収めました。

ボクシング 長谷川穂積VSアルバロ・ペレス



長谷川穂積VSアルバロ・ペレス戦は2009年12月18日に行われたWBC防衛10の名場面試合です。

この試合で長谷川穂積は、日本人において具志堅用高以来2人目の世界王座連続10度防衛を記録しました。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。