K-1 バダ・ハリVSエロール・ジマーマン



バダ・ハリVSエロール・ジマーマン戦は2008年12月6日に行われたK-1 WORLD GP 2008 FINAL準決勝の名場面試合です。

ダウンの奪い合いとなる死闘となりました。


K-1 レミー・ボンヤスキーVSステファン"ブリッツ"レコ



レミー・ボンヤスキーVSステファン"ブリッツ"レコ戦は2007年9月29日に行われたK-1 WORLD GP 2007 IN SEOUL FINAL16の名場面試合です。

レミー・ボンヤスキの伝家の宝刀右跳び膝蹴りがステファン"ブリッツ"レコに直撃しました。

K-1 ボブ・サップVS中迫剛



ボブ・サップVS中迫剛戦は2002年6月2日に行われたK-1 SURVIVAL 2002の名場面試合です。

ボブ・サップが暴走してK-1史上最悪の異常事態となりました。

K-1 長島☆自演乙☆雄一郎VSアルバート・クラウス



長島☆自演乙☆雄一郎VSアルバート・クラウス戦は2009年4月21日に行われたK-1 WORLD MAX 2009 FINAL16の名場面試合です。

コスプレファイター長島☆自演乙☆雄一郎は10人のメイドを引き連れ派手なコスプレ入場をしました。アルバート・クラウスによってプロデビュー以来初のダウンによるKO負けを受けてしまいました。

K-1 長島☆自演乙☆雄一郎VSHAYATO



長島☆自演乙☆雄一郎VSHAYATO戦は2009年2月23日に行われたK-1 WORLD MAX 2009 日本代表決定トーナメント1回戦の名場面試合です。

マクロスFのランカ・リーのコスプレで入場したコスプレファイターこと長島☆自演乙☆雄一郎とHAYATOとの対戦です。

K-1 セーム・シュルトVSグラウベ・フェイトーザ



セーム・シュルトVSグラウベ・フェイトーザ戦は2005年11月19日に行われたK-1 WORLD GP 2005 IN TOKYO 決勝戦の名場面試合です。

セーム・シュルトはグラウベ・フェイトーザからKO勝利して2005年K-1 WORLD GP優勝となっています。空手家と総合格闘家のセーム・シュルトですが、総合格闘家としてはK-1において当時初の記録となりました。

K-1 アリスター・オーフレイムVSジャバット・ポトラック



アリスター・オーフレイムVSジャバット・ポトラック戦は2010年4月3日に行われたK-1 WORLD GP 2010 IN YOKOHAMAの名場面試合です。

アリスター・オーフレイムが首相撲からの膝蹴りだという抗議がジャバット・ポトラック側からあったようですが、認められなかったようです。

K-1 アンディー・サワーVSジョルジオ・ペトロシアン



アンディー・サワーVSジョルジオ・ペトロシアン戦は2009年10月26日に行われたK-1 WORLD MAX 2009 FINAL決勝の名場面試合です。

ジョルジオ・ペトロシアンは後に判明しましたが、準決勝で右手甲を骨折しながらアンディー・サワーとの対戦で勝ちK-1 WORLD MAX 2009において初優勝をしました。

K-1 ブアカーオ・ポー.プラムックVSアンディー・サワー



ブアカーオ・ポー.プラムックVSアンディー・サワー戦は2006年6月30日に行われたK-1 WORLD MAX 2006 世界一決定トーナメント決勝の名場面試合です。

ブアカーオ・ポー.プラムックは、前年の決勝で敗戦してしまったアンディ・サワーを打ち破り2006年のK-1 WORLD MAX優勝となりました。

K-1 佐藤嘉洋VSブアカーオ・ポー.プラムック



佐藤嘉洋VSブアカーオ・ポー.プラムック戦は2006年6月30日に行われたK-1 WORLD MAX 2006 世界一決定トーナメント準々決勝の名場面試合です。

当時の試合後のインタビューで佐藤嘉洋は悔し涙を流していました。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。