K-1 レミー・ボンヤスキーVS曙



レミー・ボンヤスキーVS曙戦は2004年9月25日に行われたK-1 WORLD GP 2004 in TOKYO 開幕戦の名場面試合です。

曙はレミー・ボンヤスキーの右ハイキックで失神してしまいました。


K-1 レミー・ボンヤスキーVSアリスター・オーフレイム








レミー・ボンヤスキーVSアリスター・オーフレイム戦は2009年3月28日に行われたK-1 WORLD GP 2009 IN YOKOHAMAの名場面試合です。

アリスター・オーフレイムが優勢で攻め続けていましたが、レミー・ボンヤスキーの一発のパンチで形勢逆転しました。後にレミー・ボンヤスキーは膝を痛めての出場だったことを明らかにしています。

K-1 マーク・ハントVSジェロム・レ・バンナ


 
マーク・ハントVSジェロム・レ・バンナ戦は2001年12月8日に行われたK-1 WORLD GP 2001 決勝戦 準々決勝の名場面試合です。

サモアの怪人マーク・ハントは後の試合でステファン・レコ、フランシスコ・フィリォを打ち破りK-1 WORLD GP 2001の優勝者となっています。

K-1 レイ・セフォーVSマーク・ハント





レイ・セフォーVSマーク・ハント戦は2001年10月8日に行われたK-1 WORLD GP 2001 in FUKUOKA敗者復活トーナメント1回戦の名場面試合です。

壮絶な打ち合い模様の試合となりました。サモアの怪人と言われているマーク・ハントの打たれ強さは恐るべきものがあります。レイ・セフォーは負傷してしまい決勝を棄権することになってしまいました。

K-1 レイ・セフォーVSルスラン・カラエフ



レイ・セフォーVSルスラン・カラエフ戦は2006年6月3日に行われたK-1 WORLD GP 2006 in SEOULの名場面試合です。

ルスラン・カラエフのリベンジでしたが、レイ・セフォー得意技のブーメランフックが見事に炸裂して再度沈んでしまいました。

K-1 レイ・セフォーVSボブ・サップ



レイ・セフォーVSボブ・サップ戦は2004年6月26日に行われたK-1 BEAST 2004 in 静岡 〜JAPAN GP決勝トーナメント〜の名場面試合です。

レイ・セフォーのパンチ力の強さを改めて知る試合でした。

K-1 レイ・セフォーVSバダ・ハリ



レイ・セフォーVSバダ・ハリ戦は2008年4月13日に行われたK-1 WORLD GP 2008 IN YOKOHAMAの名場面試合です。

バダ・ハリの1R猛攻が凄まじいです。

K-1 レイ・セフォーVSジェロム・レ・バンナ



レイ・セフォーVSジェロム・レ・バンナ戦は1997年4月29日に行われたK-1 BRAVES '97の名場面試合です。

これだけ見事に決まったダウンシーンは貴重だと思います。

Dynamite!  ミルコ・クロコップVSチェ・ホンマン



ミルコ・クロコップVSチェ・ホンマン戦は2008年12月31日に行われたDynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜 DREAMルールの名場面試合です。

韓流大巨人ことチェ・ホンマンの身長は218cmもあり身長差をかなり感じられます。両者とも手が出ない消極的な試合となりイエローカードを出されてしまいました。

Dynamite! ミルコ・クロコップVS桜庭和志



ミルコ・クロコップVS桜庭和志戦は2002年8月28日に行われたDynamite! PRIDE特別ルールの名場面試合です。

この試合で桜庭和志は右眼下底骨折を負ってしまいました。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。