プロレス ハルクホーガンVS天龍源一郎





ハルクホーガンVS天龍源一郎戦は1991年12月12日東京ドームで行われたプロレスの試合です。

当時の日米頂上対決でした。

プロレス スタン・ハンセンvsハルク・ホーガン ウエスタン・ラリアット対アックスボンバー

プロレス スタン・ハンセンvsハルク・ホーガン





プロレス スタン・ハンセンvsハルク・ホーガン戦は1990年4月13日の東京ドームで行われた試合で、スペシャルドリームマッチ名場面です。

ウエスタン・ラリアット対アックスボンバーを期待していましたが、壮絶な流血戦となり最後は結局必殺技で決着しています。

プロレス ハルクホーガン対アンドレザジャイアント





プロレス ハルクホーガン対アンドレザジャイアント戦は1982年に行われた試合です。

ハルクホーガンは当時アックスボンバーを日本での必殺技として、アントニオ猪木、長州力、藤波辰巳、天龍源一郎、グレート・ムタ、蝶野正洋らを沈めています。

この試合でもアンドレザジャイアントにアックスボンバーが炸裂しました。

プロレス 2代目タイガーマスク対ミルマスカラス





2代目タイガーマスクvsミルマスカラス戦は1986年に行われたプロレスの試合です。

スカイ・ハイの入場テーマ曲と千の顔を持つ男や仮面貴族のニックネームで当時知られたミルマスカラス(アーロン・ロドリゲス)と、2代目タイガーマスク(三沢光晴)との覆面対覆面の一騎打ちです。

プロレス 初代タイガーマスクvsブラックタイガー





初代タイガーマスクvsブラックタイガー戦は、1982年5月26日に大阪府立体育会館で行われたWWFジュニアヘビー級選手権のプロレスの試合です。

ブラックタイガーの正体は佐山聡のイギリス修行時代に対戦していたマーク・ロコという選手です。

実力はほぼ互角と見え、どちらが勝っても不思議ではない最後まで見逃せない試合でした。タイガー対タイガーの名場面勝負です。

プロレス 初代タイガーマスクvsダイナマイト・キッド



初代タイガーマスクvsダイナマイト・キッド戦は1982年8月30日マディソン・スクエア・ガーデンで行われたプロレスの試合です。

初代タイガーマスクの正体は佐山聡で、1981年4月23日蔵前国技館でこの試合と同じくダイナマイト・キッドを相手にデビュしています。スピードのある驚愕的な動きで観客を沸かせました。

ダイナマイト・キッドにとってタイガーマスクは、生涯において宿敵ともいえる存在といっても過言ではないでしょう。

プロレス キラー・カーン、永源 遙vsブルーザー・ブロディ、キラー・ブルックス



プロレス キラー・カーン、永源 遙vsブルーザー・ブロディ、キラー・ブルックス戦は1985年の試合です。キラー・カーンとブルーザー・ブロディのヘビー級の巨体がぶつかる姿は迫力があります。

プロレス ジャイアント馬場VSビルロビンソン



ジャイアント馬場VSビルロビンソン戦は1976年7月24日蔵前国技館で行われたプロレスの試合です。ビルロビンソンはカールゴッチ同様に昭和時代ののプロレスにおいては、世界最高といわれ神様的存在といっても過言ではないでしょう。

ジャイアント馬場はビルロビンソンから日本で初の2フォール勝ちを収めています。

プロレス プロレスの神様カールゴッチVSアントニオ猪木







プロレスの神様として日本で知られるカールゴッチは、アントニオ猪木の師匠として卍固め、ジャーマン・スープレックスを伝授しています。また新日本プロレス設立に貢献して後に藤波辰巳、木戸修、藤原喜明、佐山聡、前田日明ら有名選手を育成しています。

このプロレス カールゴッチVSアントニオ猪木戦は、1972年6月に行われた新日本プロレス旗揚げ第1戦の試合で貴重な名場面映像です。カールゴッチはアントニオ猪木とは5回対戦していますが、3勝2敗という成績になっています。

プロレス ジャンボ鶴田 天龍VSスタン・ハンセン ブルーザー・ブロディ







プロレス ジャンボ鶴田 天龍VSスタン・ハンセン ブルーザー・ブロディ戦は1983年のリーグ戦タッグマッチで、スタン・ハンセンとブルーザー・ブロディという当時最強コンビに日本組が挑んだ試合でした。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。